下剤がトイレに

健康診断でバリウムを飲んだ。

そのために検査後に下剤を飲むことに。

最近は便秘気味ということで予備ももらい、それはポケットに入れておいた。

しかし、最初の下剤で順調に排便でき安心していたら、ふとした拍子に予備の下剤が袋のまま便器に落ちてしまった。

幸い一回流した後だったで、便器の中は下剤だけが袋に入ったまま浮いてる。

悩みました。

どうすべきか。

水を何回流してもきっと流れない。

放っておくか、拾うか。

やっぱり拾うと覚悟を決めてトイレットペーパーを多目に手にして拾った。

下剤だからってそのままトイレに飛び込まないでほしいね。

落ち込んでないよ

体の歪みを指摘された。

特に下半身の歪みが原因で、それが上半身に影響しているという事でした。

自覚がなかったので、改めて歩いている時に下を向いて足の動きを見ていたら、知り合いに声をかけられそのまま行ってしまった。

よく聞き取れなかったが、大丈夫かみたいな感じだったような。

もしかして、落ち込んでいるように見えたかな。

誤解だよ!って、後で説明しておくべきかな?

陸王

テレビで放送中の日曜劇場『陸王

第1話から録画で見てますが、銀行やライバルメーカーをだいぶ悪くデフォルメされてますね。

さすがにいくらなんでも、現実にはそこまではないでしょうという場面がある。

ドラマとしてはその方が面白いのでしょう、制作側の思惑通りに『ひどい人達だな』と感情が入り込んでます。

だからこそ、それも含めて夢に向かって困難に立ち向かう姿に感動が大きい。

気がつけば涙も。

それには自分でもびっくりです。

でももしかすると、年齢的な要因が大きいのか。

それでも、プラスの方向に感情が素直に反応するということは、悪いことではないかもしれませんね。

理不尽

久しぶりにこんな理不尽はないという状況に遭遇した。

その瞬間は、ポキっという心の音が聞こえたようでした。

ありえない、ありえない、、、、の思いが頭をグルグルと回った。

あえて点数をつけるとすれば、理不尽度100点満点中限りなく満点に近い。

なんとか時間をおいてやっと落ち着きました。

 

まあでも、生きてれば大なり小なり出くわす運命的なものかもしれませんね。

こちらが冷静になって上手に対応する努力をしてみましょうか。

名刺管理

出先で突然連絡を取る必要が発生したが、肝心の担当者名が出てこなかった。

電話番号は先方のホームページでなんとかなるが、さすがに名前は調べようがなかった。

ならばと、いただいた名刺を持ち歩くよりは、スマホアプリにチャレンジ。

まずはユーザー登録みたいなものをすると、勝手に関係するような人のリストが表示された。

ビックリ。

どこかにデータベースがあるのでしょうか?

使い方によっては、確かに便利でしょうが自分はなんだか怖くて使わないことにしました。

気にしすぎでしょうか?

社内の政治

人数の多少にかかわらず、人が集まると政治的なことはある。

変なしがらみがある場合は、できれば関わりたくない。

ましてや派閥的なものは余計に遠慮したい。

それに中立というのも、意外とむずかしいですよね。

慌てて下車

普段ほとんど利用することのない電車。

だいたい数駅先というぐらいの認識で乗車した。

しばらくして、車内のモニターを見ると明らかに目的地よりはるかに先の駅名。

焦って慌てて降りたら、その表示された駅ではない。

自分が見たのは行き先でした。

時間的には元の電車に乗ることもできましたが、次の電車に。

ちょっと恥ずかしくて。