レベル31

ポケモンGOのレベルが31に。

噂によると、おじさんおばさんという中年世代が多くなっているという。

そうかもしれませんね。

自分を振り返っても納得できる。

反射神経が問われる訳でもないし、ひらめきが必要な訳でもなく、完全に自分のペースでできますからね。

話のネタにもなるからというのは、少し無理やりな理由かな。

忘れられたショック

かつての上司に数年ぶりに再会。

懐かしさに浸っていると様子が少しおかしい。

まさかとは思いましたが、『名前をお忘れですか?』尋ねるとそのまさかでした。

どう受け止めれば良いのか。

自分の存在感が薄かったのか、元上司の物忘れなのか。

前者でもショックですが、後者も相当のショックです。

お世話になった方ですから、前者の方がまだ気持ちが楽かな。

図書館からの連絡にドキリ

いつも利用している図書館から電話があった。

その場ですぐに取れなかったので、『何だろう?』の思いが頭の中をグルグル。

借りてた本は期限までに返したはずだし。

もしかして返却した本に問題があった?

折り返し電話をしてみたら、予約していた本の貸し出し準備ができたとのこと。

いつもはメールで通知だが、今回は送信ができなかったとの事。

まずは一安心。

自分でも呆れるくらい心配性だと思います。

でも、メールの送信問題がまだ気になる〜。

職場の活気

事務所に来られた方から、『もう少し活気があると良いね』と。

確かに自分もそう思う。

でも改めて『活気』とはなんだろうと考えてしまった。

騒々しいのは違うと思うし、体育会系ばりに大声を出しあえば良いものでもなさそう。

案外むずかしい。

 

出会いを大切に

貸し会議室で行われていたセミナーに参加。

そういう会場なので、他にもいろいろなイベントが行われていた。

セミナーだったり、企業の研修や会議らしきものも。

休憩時間に同じセミナーに参加していた方と過ごしていたら、突然見知らぬ人に話かけている。

『今日は何ですか?』って

偶然に知り合いに会ったのかと思えばそうではなく初対面らしい。

あまりにも自然に声をかけていたので違和感がなかったのだが、後から聞けば出会いは大事だからねと。

そうは思うけど、その行動力にはビックリ。

そして羨ましくも。

仕事の報酬は仕事

そういえば、思い出しました。

かつての上司からの言葉。

『仕事の報酬は仕事だよ』って

元々はどなたかの言葉だったのかもしれませんが、上司との会話で教えていただいた。

やった仕事が評価されるから、新たに仕事が任される。逆なら仕事が減って行くんだよみたいなことだったかな。

お金ばかりが評価じゃないと。

確かその時は給料の話からの流れだったような記憶ですが、言い訳のためだけに出た言葉ではなかったですよね。

新しい仕事

今までの仕事とは別に新たな仕事を担当することになった。

単純に仕事量も増える。

前任者からの引き継ぎはしていただいたが、正直なところこなせるか不安は大きい。

やらないうちから心配してても仕方ないと、今は割り切るしかないと自分に言い聞かせている。

まあ、仕事が増えるという事は、何かのチャンスだと思うしかないですよね。