最後まで

世界陸上の男子マラソン。

今回はスタートから日本人3選手のゴールまでしっかり中継を見ました。

後半の中本選手の追い上げに感動しつつ、入賞の期待が大きくなっていた。

一方で、途中、川内選手の様子が詳しく伝えられないことで、離されて遅れてしまったのかと勝手に残念にも思っていた。

しかし、最後追い上げをしていた中本選手を追い抜き、さらにその川内選手こそが入賞の可能性が大きくなる。

結果的には入賞まであと一歩のところでゴールをむかえましたが、その走りは勝負への強い思いが伝わってきました。

真剣に物事に取り組むという事とは、について教えてもらったような気持ちです。